「おもてなしが大切なら・・・」 ゲストと楽しむ正統派ウェディング

挙式レポート

Wedding Report

「おもてなしが大切なら・・・」 ゲストと楽しむ正統派ウェディング

2016年3月5日 | Mr.&Mrs.Kondo

「正統派でシンプルな結婚式にしたい」とご希望されていたおふたり。
ご準備はゲストの皆様とゆっくり楽しめる時間とおもてなしを一番に考え、進めてこられました。
当日はゲストと一緒に写真もたくさん撮り、ゲストはおふたりがせいいっぱいこらしたおもてなしを堪能され、幸せいっぱいの素敵な一日となりました。

披露宴会場:
シェルダジュール
挙式スタイル:
キリスト教式
列席人数:
72名

ウェディングドレスはクラシカルなAラインのドレス。
長いトレーンがチャペルのバージンロードのロイヤルブルーに映える、ご新婦様のお気に入りの1着です。

落ち着いた雰囲気をテーマに会場内をコーディネート。メインテーブルも小物を使ってお洒落に。

ファーストバイト用のスプーンはご新婦様の手作り!
病院にお勤めのおふたり。「共通のお仕事なのでそれが表現できるよう考えます」
とおっしゃっていたご新婦様が手作りされたのは巨大な注射器!
手作りのクオリティーの高さにスタッフからも「すごーい!」と驚きの声が。
ゲストからも歓声が上がり、盛り上がる演出となりました。

カラードレスは胸元の花とチュールが可愛いブルーのドレスをお選びに。
ご新郎様もご新婦様に合わせて、ブルーのベストとネクタイにお色直しされました。
ブーケはナチュラルなクラッチブーケをお選びに。チュールのドレスにぴったりのデザインでした。

お子様もたくさん来てくれるので可愛い演出をしたいとおふたりが選ばれたのはアクアパーティ。
さまざまな色に変わり、中でくるくる回るチャームにお子様も喜んでいらっしゃいました。

「デザートビュッフェはできるだけ長く時間を取りたい」とご希望だったおふたり。
進行内容は詰め込まず、ゲストとゆっくり楽しむお時間をたくさん作りました。
写真撮影もデザートも満喫されました。

ゲストを想い、ゲストとの時間をたっぷりとご用意されたおふたり。
シンプルでありながらも洗練された正統派のコーディネートで会場を統一。
会場いっぱいに心地よくて、優しい雰囲気が流れるお時間となりました。
末永く、お幸せに。

ページトップへ

  • LINE